国内fxより多いメリット|アンティークコインの投資でガッポリ儲かる

アンティークコインの投資でガッポリ儲かる

婦人

国内fxより多いメリット

株

日本語が通じることが重要

これからfxを始める場合、国内fxにするか海外fxにするか2つの選択肢があります。両者の違いを良く知ってから選ぶようにします。一番の違いはレバレッジの規制です。国内fxには25倍という規制がありますが、海外fxでは500倍や800倍といった大きな取り引きができます。ただし国内fxは日本語で口座開設から入出金までできますが、海外fxの場合は日本語が通じない業者があります。万一のトラブルや不明点を質問する時は日本語が通じないと困るので、海外fxをやる場合は日本人スタッフが常駐している業者を選ぶようにします。また海外fxでは世界的に使われているMT4というツールを使うケースが多いので、その使い方に慣れておく必要があります。

出金手数料が無料の会社

海外fxをやる場合には業者の選び方がとても重要になります。日本語スタッフが常駐しているのはもちろんですが、入出金の手数料についても知っておく必要があります。海外fxから国内口座へ出金する場合は間に銀行を経由することがあるため、手数料がかかります。頻繁に入出金を繰り返すとかなりの出費になります。それを防ぐには国内口座への入出金手数料が無料の業者を選びます。そのような業者は評価が高いので、ネットで調べればすぐにわかります。税金の面でも海外fxは有利です。国内fxでは収益の大きさに関わらず一律20パーセントの税金がかかります。しかし海外fxでは雑所得扱いになるので、総合課税になります。5パーセントほど税金が安くなります。海外fxを始めるなら、手数料と日本人スタッフのいる業者を選んだ方が安全で便利です。