魅力的な投資法|アンティークコインの投資でガッポリ儲かる

アンティークコインの投資でガッポリ儲かる

婦人

魅力的な投資法

紙幣を持つ女性

リスクが少ない投資法

純金積立とは、毎月一定額あるいは一定量の金を購入し、金の相場変動を利用してお金を増やすことを狙った投資方法です。一般的には、ローリスク・ローリターンな投資法として知られていますが、金相場は2001年以降、大きく上昇し続けています。現在では、金は増産体制に入っているとされていますが、今なお価格は上昇傾向は続いており、純金積立に長期で取り組めば、しっかり資産を増やすことも可能です。なお、純金積立は証券会社や銀行、先物取引などの金融機関に加え、貴金属地金商や商社などにおいても取り扱われている金融商品です。株、FX、不動産などに比べると、格段に安い資本金から開始することが可能で、中には月額1000円から開始できる場合もあります。このように、低額で誰でも行うことが可能で、不動の価値があり利益も狙える純金積立は、注目するに値する投資と言えるでしょう。

3つのポイント

純金積立のコストや金の保管方法、積立額については各取扱会社によって大きく異なりますから、しっかり特徴をつかむ必要があります。コストについては、年会費制を採用しているところもあれば、手数料で収入を得ている会社もあり、この両方がかかるケースもあります。そして、一般的にはコストが安い会社は、「消費寄託」という方法で金を会社に預ける形となり、会社の運用次第で利益が還元されるケースもあります。一方で、コストが比較的高い会社では、万一、取扱会社が倒産してしまった場合でも、預けた金はしっかりと還元される「特定保管」という方法が採用されている傾向があります。また、積立額は1ヶ月ごとに定額を積み立てるのが基本ですが、中には購入する金の量を決め、それに応じた額を積み立てる方法もあります。加えて、月ごとに額を変更できるケースもあり、この場合、金相場が安い時には多く買い、高い時には少額購入することが可能です。これら3つのポイントを把握し、ご自身にとって最適な取扱会社を選べば、コストやリスクを抑えた純金積立が可能となります。